主にホームページに関係するディレクションとコンサルティングを担当しています。お客様のご商売・お仕事をお助けするためのご提案をいたします。

岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Biz
ITアドバイザー


鈴木孝明の、喜びをつくるもの・こと


社長でもないスタッフのページをご覧頂き、ありがとうございます。
鈴木孝明と申します。
広告制作の仕事に就いてもうすぐ11年。
ホームページを中心に、様々な広告を制作しております。

ある時、当たり前の事実に気づきました。

「広告ができる事は少ない。
 広告をうまくやれるかどうかよりも
 商品・サービスの良し悪しの方がずっと重要だ。」

当然の話ですね。
例えば居酒屋さんなら「クーポンを使って上手く集客する事」よりも
「接客が良いこと」「味が良いこと」の方が、うんと重要です。

おそらく、ここをお読みの皆様は
「いやいや、そんなの当たり前だよ!」
と、思われていることでしょう。

しかし、広告そのものが仕事になってしまっていると、
考えが広告中心になってしまうことがあります。

もしかすると、あなた様が過去に広告屋さんとやり取りをしている中で・・・
「コイツ、商売のこと分かってないな〜」
と感じたご経験もお有りかもしれません。

残念ながらかつて自分が「広告中心」だったので
商品・サービスあってこその広告だということを
自戒を込めて噛みしめています。


皆様、もしかしたら
「広告だけが重要じゃない事は分かっとる!どんな広告が良いのかさっさと教えてよ。」
とお思いでしょうか。
そのとおりです。すみません。前書きが長くなりました。

どんな広告なら価値があるのか・・・。
私は商品・サービスに踏み込んだ広告」「なら、価値があると考えています。
今までの経験から、これならお客様の役に立っていたと。

ちょっと分かりづらいので、具体例でお伝えします。
例えば、ケーキ屋さんの場合であれば、店頭での「誕生日ケーキ予約受注」はサービスの内です。
もしもホームページで「誕生日ケーキの予約受付ページ」を作るとしたら、こんなふうにご提案いたします。

「予約受付が電話だけでなく、メールで受けられたら24時間対応の窓口ができますよ。
ケーキの案内をしっかり行えば、働くお父さんお母さんにとっても便利なサービスになります。
もしもメールで受け付けるとした場合、お店の受付体制はいかがでしょうか?」


もちろん、店内の体制が整わない状況で無理におしすすめる事はいたしません。
ですが、少しの工夫で商品・サービスの質が上げられるのであれば「ぜひやりましょう!」とおすすめする事はあります。

バースデーケーキの内容を載せるとしたら、こんなふうにご提案をさせていただきます。

「ホームページで、ケーキの大きさが18cmという表記だけではお客さんが迷ってしまいます。
店頭の接客では6名用というように、およその人数もお伝えされていますよね。
ホームページに載せる情報も、接客するように考えていきましょう。」


これは、広告制作を進める中で、クライアント様の「商品・サービスの質」に貢献できる広告とも言えます。

もちろん、商品・サービスに踏み込んでいくにも限界はあります。
洋菓子職人さんの腕を上げることは私にはできませんし、店舗の立地を変えることもできません。
しかし、職人さんのコンクール受賞歴を掲載することで「技術の保証・味への期待」をお客様に伝えることはできます。ホームページで集客する事で、立地はそのままでも「ご来店数」を上げる事はできます。


広告の中で、商品・サービスの質を上げられる余地がないか。
役に立つ広告を作るためには、この問いかけが常に必要だと気づきました。


広告主であるクライアント様はご商売のプロでございます。
きっと、これを読んでいるあなた様ご自身も「プロ」ではないでしょうか。
私は広告のプロですが、あなた様の仕事については素人です。
ご提案するにしても、素人があれこれ言って上手くいくがわけありません。

では、どうして商品・サービスに踏み込んでいく事ができるのか。
それは、広告における「成功と失敗の体験数」があるからです。

私が関わらせていただいたお客様の数は、約7年で106社様ございます。
チラシ、ホームページ、ブログ・・・案件の数にすれば、そのさらに数倍になります。
ありがたいことに、そういった多くの体験から「上手くいった事例とその理由」を学ばせていただくことができました。

端的に申し上げまして、上手くいくための共通の勘所は存在します。

さらに、実際には悔しい体験、上手くいかなかった体験もございます。
正しくは「ものすご〜くお助けしたかったのにお助けおおせなかった経験」があります。
苦い経験です。
たまに寝る前に思い出しては「ごめんなさい。」と口に出ます。

本当に申し訳ない話ですが、覆水盆に返らず・・・という言葉の通りです。

冒頭の「広告ができる事は少ないと噛みしめる」のにも通じる
こういった失敗の体験から、同じ過ちを犯さないためのご提案をさせていただきます。

クライアント様の業界知識や、商品知識は必須です。
ですが、それだけでは十分ではない世の中とも言えましょう。
必ずしも、良いものがしっかり売れる時勢ではありません。

特にインターネット、スマートフォンによって「選ばれ方」は大きく変わりました。
この現実に対応できるかどうかは、大きな分かれ目になるように思います。

そこで、
私の仕事は、成功と失敗の体験数を活かし「同じ失敗をしないようなご提案」「うまくいく共通ポイントをおさえたご提案」をさせていただくことです。
つまり、クライアント様により良い選択肢を提示することです。

 


↑なんでたこ焼き!?という感じですが、たこ焼き好きなんです(笑)

ライアント様からホームページが作りたいと言われても
「今、本当にホームページが必要でしょうか?」
「売り上げを上げるためには他の方法が良くないでしょうか?」

といったご相談をさせていただくことも、実はございます。
ホームページを作っても問題解決しない場合もあるからです。

要するに、私はちょっと面倒くさい奴です。
「面倒くさいヤツとは仕事したくないな〜。」とお思いかもしれませんが(笑)
少なくとも投資いただいた分は、お役に立ちたいと私は思うのです。
価値のない広告にお金をかけていただくのは申し訳ないのです。

もちろん、クライアント様が主役であり、全ての選択権があることは承知しております。
そのうえで、より良い選択肢をご提案し、話し合うことが大切だと考えています。

まずは「その広告、何のため?」からじっくり話し合いましょう。
苦い思いではなく、やって良かったとお互いに思える広告にするために。


カタイことも書きましたが、あなた様からの
「しっかり集客できるホームページ作りたいんだよ!来週、空いてる?」
といった、ざっくばらんなご相談もお待ちしております!


▼ついでの趣味紹介
写真が好きです!このページで使っている写真は全て自分で撮りました〜。

野菜や料理の写真を無料で使えるサイトを運営しています。
「たべごと写真」(写真のフリー素材)


シェアする