集客を100倍以上にするWebサービス戦略

クライアント:FUNE(フューネ)様の紹介

豊田市小坂本町(豊田市中心部)で、葬祭業をしていらっしゃいます。
地場葬祭業で豊田市最大手。
週刊ダイヤモンド調べによる、葬儀の「納得度ランキング」全国1位。
葬儀の儀礼的なことの簡略化が多くなっている昨今において、儀礼・儀式を超えた「感動葬儀。」の提供にこだわり、多くの遺族に共感を得ている葬儀社です。

「もうそろそろホームページで葬儀社を選ぶ時代がくる」という社長の先見からスタート

弊社が改善に関わる前は、ホームページからのお問い合わせが年間2~3件だったフューネ様。

「受注につながった件はないので、この“0件”を“1件”にはしたい 」
という希望を聞きました。


そして、社長ブログも含めて一気にWeb活用を加速。
蓄積されていたブログ記事を活かしたご提案を弊社からいたしました。

小手先の検索エンジン対策ではなく、ユーザー(葬儀を検討している人たち)の視点に立った中身重視の検索エンジン対策(コンテンツSEO)でした。

ユーザーの不安を解消する、というリニューアル

「もうそろそろだ」という先見で、ホームページのリニューアルに乗り出したわけですが、リニューアルとは単に美しくするというものではなく、私たちからの提案やフューネ様の想いから 「ユーザーの不安を解消する」ということを第一義に取り組んでいきました。

ユーザーの不安とは

その1:お葬式の費用


葬儀費用を明らかにすることは、フューネ様のホームページをリニューアルした2008年、チラシなどの印刷物ではすでに広く行われていました。
しかし、それをホームページ上で徹底的にわかりやすく、誰にでも見られるようにする、という戦略は、葬儀業界に先駆けたものでした。

間もなく死を迎えようとしている親族を想って、葬儀社を検討するユーザーの不安を、何よりも優先して解消すべき課題に据えたのです。
その中でも、料金に対する不安解消は、筆頭でした。

葬儀費用に関して、全プランと料金をわかりやすく公表しただけでなく、葬儀費用の「よくあるご質問」でお客様からの実際の質問を掲載していきました。

・全プランと料金をわかりやすく公表
・お客様からの実際の質問を掲載
この2つの施策が、ユーザーに必要だったことは、のちのアクセス解析で実証されました。


その2:会館の様子


葬儀を検討すべき段階にある方が突然会館を見にいらっしゃる、また会館に関するお問い合わせが多い、ということをフューネ様からお聴きしました。
これを受けて、検討段階で会館の様子がわかるようにすることが“ユーザーの不安解消”になると仮定し、全会館の一覧ページを設け、そしてそれぞれの詳細ページに写真や概要を掲載していきました。




中身を「ユーザーの不安解消」というWebサービスにした上でのSEO


ただアクセスを集めるだけでは、成果にはつながりません。
フューネ様のWeb集客は、“戦略”や“マーケティング”という商業用語だけでは言い表せない「人間の心を中心に」据えたホームページ改善の成果だといえます。

会社情報

株式会社FUNE
住所:〒471-0034 愛知県豊田市小坂本町6丁目15
TEL:0565-35-3535/FAX:0565-31-1820
→WEBサイト


シェアする