「どう変えれば良いのか」最初に答えを出す

良い方向へ進むために最初におこなうことは、ブランディングの方向性を決めることです。
当たり前ではありますが、大きな方向性を間違いなく決めることが最も大切です。

そのためにルーコは次のように取り組みます。

今いちばん効果的なことに、今とりかかる

いい方向性が何かを決めるために、優先順位をつける考え方が役立ちます。

方向性を迷わせる原因は「山のようなやるべきこと」

現実的には「やるべきこと」は毎日つぎつぎと発生し、山のように積もっていると感じられることがあります。

  • 社長に就任したけど、最低限やるべきことすら終わっていない気がする
  • ホームページやブログ、Facebook、やるべき事が多すぎる
  • 緊急対応しないといけない状況ばかりで余裕がない

・・・というような状態では、いい方向性を決めることが難しくなります。

たとえば、大きな方向性だけでも、以下のように迷ってしまいます。

  • 会社のロゴマークを作りなおそうかな?
  • 主力の商品をPRすればいいのかな?
  • やはり既存のファン向けのサービスを改善するか?

「今」と「効果」の2つのモノサシを使って考える

迷いから抜け出すために、2つのモノサシを使います。

  1. 今の状況だからこそ取り組むことは?
  2. 効果がもっとも大きい取り組みは?

もちろん、経営は将来を見据えることが大切でありつつ、その中で、この「今」だからこそ「効果」が大きいことはなにか?
という2つの基準をたよりに、方向性を決めていきます。
ルーコでは、最初にお会いするときにこの考えをもとに、お話をお聞きします。

お会いする前に

お電話やメールでお客様からご連絡をいただいたら、以下の3点をお聴きします。

  • したいことの大枠。
  • その「したいこと」のためには何が必要と考えているか。
  • 関連する現状・状況。

したいことの大枠以外は、ぼんやりとしかわからないというお客様もいらっしゃいます。
それでも大丈夫です。
何がしたいかだけはっきりしていれば、あとはお会いしたときにじっくりお聴きし、明確にしていきます。

現状ホームページの簡易診断

ホームページを使って何かしたい場合は、お電話やメールで以上をお聴きしたあと、お会いするまでの間に、現状ホームページの簡易診断をさせていただきます。
場合によっては、数社の競合サイトとの比較もさせていただきます。

診断のポイントは、ユーザー(お客様のお客様)発想で作られているかどうかです。



シェアする