農家のロゴマーク「アサヒノタカラ」

米農家 559(ごこく)有限会社様のご紹介


豊田市旭高原のふもと標高400前後の山間地で、30年前から稲作を行い、合鴨農法や農薬をできるだけ使わない農法でお米を作っている会社です。

制作コンセプト

希少米を育てる、栽培地の豊な自然をシンボルマークに入れました。

こだわりの農法で栽培した希少種ミネアサヒを、559さんのブランド米「アサヒノタカラ」とネーミングし、その「アサヒノタカラ」が育つ環境を表現しました。
アサヒ=旭=朝日=太陽 タカラ=宝・田から 旭高原=山に囲まれた標高の高さ=きれいな空気。
これらをシンプルかつ、やや抽象的に表現しました。
色や文字との組み合わせは、ロゴマークを入れる媒体によって、最適な色や組み合わせにできるようにしています。



ロゴマークを使い、それぞれ違う農法で栽培したアサヒノタカラをパッケージしてギフトセットにし、同時にセットで付けるパンフレットも制作しました。
農法の特徴とこだわりをPRしています。



シェアする