レガーロ様のご紹介


LEDサインの受注から施工管理までを一元管理しワンストップで行っている、東京都世田谷区のLEDサインメーカー。
業界では非常に稀な安全基準・購買基準・製造基準を確立し、主に大手ナショナルチェーンの多店舗展開に選ばれています。


制作コンセプト


営業活動において潜在顧客にお見せしお渡しして、共感されるものを

主に、営業活動において潜在顧客にお見せしお渡しする営業ツールです。
これまでの業界の常識で製造・施工されてきたLED看板の危険性を知っていただき、最終的には、レガーロに共感していただくという流れを作る構成とデザインにしました。

営業先の潜在顧客だけでなく、就職希望の学生や、チームとなる取引先候補にも渡せるよう、会社案内の機能も持たせました。
相手の手元に残り、会社の顔となるパンフレットなので、レガーロ様のサービス内容の紹介はもちろんのこと、理念やビジョンも掲載しました。

認知・納得・共感の流れを作る、3部作

営業活動において、営業先の潜在顧客とお話するときの段階に合わせて3部作になっています。
1.業界に多い、安全基準のないLED看板の危険性・問題を知っていただき、
 (泣く人がたくさんいる)
2.問題解決の方法を提示し、他社との違いを伝え、納得していただいて、
 (喜ぶ人がたくさんいる)
3.業界を変革するレガーロの想いと姿勢に共感していただく
 (レガーロが挑む)
という3段階、3部作です。

それぞれの表紙には、危険性や可能性を数字で示しました。
実在する統計からレガーロ様が計算した根拠のある数字です。
中のページでそのことについて語られる、という展開にしました。

3段階・3部作において、「泣く」「喜ぶ」「挑む」を表す人間の表情の写真を表紙にしたら、極めてわかりやすく、インパクトがあり、心に響くと思いました。

レガーロ様の気持ちの熱さと姿勢を、デザインに込めました。


安全第一を具体的に示し行動している点において業界の先駆者であるレガーロ様の気持ちの熱さと姿勢を、デザインに込めました。

パンフレットを使用しての営業活動をしていく中で迎えたお正月には、主にお客様にお送りする年賀状も、ブランディングの一環でデザインさせていただきました。


以上のような印刷物は、ブランディングの柱となるホームページと、デザイン・イメージや内容を統一してあります。


シェアする