代表挨拶


弊社ルーコは、お客様やお取引先のみなさまにご愛顧・ご指導・ご支援いただき、2020年、創業21年になりました。
コピーライター業で創業し、企画、デザインをする広告制作会社として最初の10年を歩みました。

その後現在に至るまでの約10年は、お客様とともに「成果を出す」ことを大切に、企画に入る前のブランディング・マーケティングの戦略立案やコンサルティングからご提供する会社に変化しました。
中小企業のみなさまの売上向上に貢献すること、ファンが集まる状態を創ること、つまりは「成果を出す」ことを使命として歩んでいます。

成果を出すには、戦略・コンサルティングによる改善提案を形にする工程があります。
それがデザイン・制作であり、ルーコでは、成果を出すデザイン・制作も行えるところが強みの一つです。

経営理念の「喜びを創ろう。」は、「成果を出そう」「成果を出すものを創ろう」という意味が含まれています。


代表取締役 井上美穂


創業の経緯 幼少の頃の育った環境が始まり ~経営者の役に立つ~


私は、経営者の父親と、懸命に家庭を守る献身的な母親(書道の先生)のもとに生まれました。
その環境が、ルーコにつながっていったのだと思います。
(父は自動車販売会社の創業経営者)

幼少期に、父と母を見て、
「会社経営とは大変で苦しいものである」
「苦労が当たり前である」
だから「常に苦しみに耐え、闘うべきである」という価値観を持つにいたりました。
また、経営者は大変だし偉大だし、陰で役に立つことはすばらしいことである
という父・母 両方の価値観を備えた人間になりました。

「経営者の役に立つ」

その価値観を地でいく職業に就いたことは、偶然ではないと思います。

ただ、創業から21年間で、ルーコのお客様(経営者)や、その周囲の経営者の方と仕事をさせていただき、その様子を拝見して、大変さや苦労は経営の一側面なのだということも知り、
「喜びを創ろう」を理念に、歩んでいます。
(2020年 現在 創業21年)

これからもずっと、
お客様、スタッフとともに、
ファンが集まる状態(喜び)を創っていきます。

※経営者の中でも、農業経営者の役に立とうと創立し運営している「夢農人とよた」の立ち上げの経緯は→こちらをご覧ください。

以前、新聞の取材を受け、掲載されました。
会社と私 個人の歩みが一緒に書いてあります。

そのときの取材で掲載された記事は、→こちらをご覧下さい。



▼代表プロフィール


・1974年 名古屋市 生まれ 46才 A型
特技:剣道三段、書道八段。
趣味:Google翻訳に英語で話しかけ、日本語訳が正解なら喜ぶという英語学習(まだ話せないため学習中)
好きなもの:ネバネバした食べ物
座右の銘:できる、できる、絶対できる。

・1975年~ 父親の事業の破綻・再び創業
極貧の幼少・少女時代(8才頃まで)に周囲を観察する目を養う。
食べ物もない家庭環境で空腹だったため、食べ物への憧れから夢を持つ。
(食べ物を食べてレポートするテレビ局で働きたいという夢)

・1996年 大学在学中に気象情報ライターとして採用、お天気キャスター森田正光氏のもとでリサーチ・コピーライティング、TBSテレビ勤務。

・1997年 大学卒業、そのまま(株)ウェザーマップ、TBSで働く。

・1998年 病気で退職、帰省(東京→愛知)。

・1999年 前職を活かし、名古屋の実家で創業(広告企画制作業・父の会社のお手伝いからスタート)。

・2002年 豊田市に事務所開設・引越し。

・2003年 有限会社ルーコ 設立。

・2007年 豊田市と周辺域の地域ブログ「ブーログ」開設。Webに強い会社への道を歩き出す。

・2008年 株式会社ルーコに組織変更。

・2010年 豊田とみよしの若手農家集団「夢農人とよた」を、農家のお客様と共に創立。

・2015年〜 コンサルティングで全国対応へ。

・2018年4月 東京オフィス開設。

・2020年2月 地域ブログ「ブーログ」の運営を交代。
中小・中堅企業のお客様へのコンサルティングで、より、お客様ごとに適した媒体やSNS、手段を提案する会社へ。


シェアする